スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

母がALSと診断されてからもうすぐ5年が過ぎようとしています。

むせやすくなったところから始まり、舌がうまく動かなくなり、手が動きにくくなり、やがて足もふらつくようになりました。


今年に入ると呼吸筋の衰えが急に進んだようで、血中の二酸化炭素の数値が高くなり、息苦しさを訴えることが多くなりました。

今年2月の大学病院受診の時に主治医から

「あと一月、あるいは2、3か月くらいしかもたないかもしれません。」

と宣告されました。

気管切開をしないと決めている母は、呼吸ができなくなった時が命の終わりになるのです。


でも、それからもう8か月、24時間酸素チューブをつけているものの、母はなんとか命をつないでいます。

母の命の終わりを強く意識するようになって、私はこれまでの母の病気の経過や経験したことや感じたことなどをきちんと文章にまとめておきたいと考えるようになりました。


そういうわけで、現在進行中の母の闘病と介護の様子とともに、過去の出来事の回想を交ぜて書いていくつもりです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

れんげ

Author:れんげ
関東地方在住。女性。ALSの母を介護しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
49627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13774位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。